なぜ従業員満足度(ES)が注目されているのでしょう?

現在の雇用情勢は2極化していると言われています。
中高年での再雇用が厳しくなる中、若手や優秀なキャリアの雇用は売り手市場になりつつあります。
地方の若者は首都圏の大手企業が引き抜いてゆくため、地方からの人材流出はますます激化すると言われています。
また、価値観の変化に伴い、生涯雇用という固定観念は失われ、人々はより良い職場環境を求めて転職を行うことが普通となってきました。
企業がより良い人材を確保・維持するために、従業員満足度という概念が注目され始めているのです。

他社が入ることの必要性

従業員満足度を上げるために行う調査は30名以上でないと匿名性が確保しにくく、難しいと言われています。
また、社内で調査を行うにはそれまでの信頼関係がしっかりできていないと「改善点を提案してもきちんと考えてもらえるのか」「告げ口のように思われたらどうしよう」等の懸念が社員から拭い去ることが出来ず、正確な問題点の抽出が出来ません。
さらに、普段の会議で部署ごとに溝があったりすると、改善点を建設的に話し合う会議の場が糾弾の場になってしまう可能性もあります。

従業員満足度の調査と改善会議を外部の者が入って行うことで、これらの疑念をクリアにすることが出来ます。
第三者がアンケートを扱うことで、社員たちの意見のプライバシーはほぼ完全に守ることができるので、問題の抽出精度がグッと上がります。
また外部のファシリテーター(会議の司会進行者)が会議を進行する事で、理性的なやり取りが行われ、建設的に問題解決の方法を話し合うことが出来ます。

企業満足度(仮 Sheet2_ページ_2企業満足度(仮-全体-2

従業員満足度を上げるプログラム

メイキッシュでは調査から会議の運営までを1年単位で一緒に行うプログラムを行っています。
従業員満足度チェックを行い、その結果改善を行うべきところを社長と幹部で話し合い、半年から1年かけて改善をお手伝いします。
最初と最後に満足度の調査を行うため、自社がどの程度社員満足度を上げることが出来たかを実際の数値として把握でき、新卒採用などの際のPRポイントにつかうことが出来ます。

tanosi企業満足度(仮-全体-1

肝心なのは従業員満足度を上げる取り組みを実際に行うのは、経営者と社員が主体となって行うということです。
自分達で自分達で実行するので、モチベーションが違います。

実際の運用イメージ

従業員満足度チェックを行い、改善点をチェックします。その後、幹部会で何を改善していくかを決め、実際の行動へと移します。
チェックだけでなく、その後の行動指針作りまでお手伝いするのが特徴です。

満足度2

価格設定

■基本パック(従業員数50名様まで)・・・¥720,000-(税別)

パックに含まれるもの

従業員調査アンケート
報告書
改善提案
幹部会議・従業員会議ファシリテート(毎月)

■従業員数51名以上・・・¥3,000/人〜(税別)

お問合せはこちらから