マイナビのアンケートによると、2017年度の新卒生の採用充足率は87.7%という事でした。
また、採用した学生に対する満足度も31.6%と低く、昨年に引き続き売り手市場の中、企業が人材確保に苦労していることを如実に表している数字と言えます。
また最近では、大手企業が予算と人員をかけて、都市近辺だけでなく地方の有能な若者をどんどんと引き抜いていってしまうため、中小企業は特に人材の確保に悩んでいるという話も聞きます。

ただ最近の学生は、給与だけでなく、きちんと自分たちの意見が反映されるかどうかや、社風・職場の人間関係や雰囲気などを就職の際の判断材料としているそうで、給与面や福利厚生だけでは大手にかなわない中小企業も、魅力的なビジョン、社風やボトムアップの仕組み作りといった事に力を入れることで、学生たちの注目をあつめることが出来そうです。

魅力ある職場作りのために

魅力的なビジョンや、ボトムアップ経営は、それを作るだけでは伝わりません。
まずは社員と共有し、それを社員自ら外部へと発信できるようになって初めて魅力ある職場作りが成功しているということが出来ます。
メイキッシュでは

  1. 企業ビジョンの作成
    →社長コーチング・経営幹部へのリーダー研修
  2. 社員との企業ビジョンの共有
    →ビジョンデザインプログラム
  3. ボトムアップの仕組み作り
    →リーダー研修、会議ファシリテート

といったメニューで、魅力的な企業作りと、発信のお手伝いをすることが出来ます。