そろそろ辛い研修は辞めませんか?

会社の指示で「研修受けてこい」と言われて「ああ、研修いやだなぁ」と思う人結構居るのではないでしょうか。
「退屈」「役に立たない」「辛い」等など、研修ってなぜかネガティブなイメージが多いですよね。
最近は少なくなって居るようですが「自分を捨てる」「プライドをへし折る」という研修もまだあるらしく、こういう研修を見たり実際に受けたりすると、研修に対して後ろ向きなイメージが植え付けられてしまいます。

 

弊社の研修で、講師が毎回毎回受講者にお願いするルールが3つあります。
それは「人の方を向いて話を聞く」「相手の話を承認する」そして「楽しんで研修を受ける」の3つです。
もちろん楽しんでもらうために、講師は様々な工夫を凝らして場の空気を温めます。
最初から和気あいあいという訳にはいきませんが、始まって2〜30分もすると自然に笑顔が出てきます。
中には「次の講座が楽しみで仕方ない!」とまで言ってくださる方もいらっしゃいます。

 

どんなに効果的な研修でも、受講者が後ろ向きな気持ちでは効果がありません。
いくら研修の中でプライドを捨てさせられても、それが恐怖やあきらめから来るものでは全く意味が無いのです。
モチベーションはポジティブな感情から生まれるものだと私たちは信じています。