自分の書いた文章を読んで「なんかダラダラと長いな…」と感じたことはありませんか?
短い文章がよい文章とは限りません。
しかし、明るく歯切れ良い言葉を使う人の話に聞き入ってしまうように、テンポよくまとまった文章は読みやすく、読み手にも好印象を与えてくれます。
今日は文章をより読みやすく、スッキリさせる魔法の方法をお教えしましょう。

センテンスを短くする

一行の文字量を少なくすることにより、文章が読みやすくスッキリとします。
文章を軽くする一番簡単な方法ですが、幾つかコツがあります。

接続詞を減らす

基本的なことですが「~ですが」「~ので」など、接続詞を省き、行を分けることで一行の文字数が減ります。
多用すると文章がブチ切れで軽くなりすぎてしまうこともあるのでケースバイケースです。

なるべく言い切る

予防線を張ろうとするとどうしても文章に余計な装飾がついてしまいます。
「~なのではないでしょうか」「ひょっとすると」
こういった表現が多用されると、文字数が増えるだけでなく、回りくどくぼやっとした印象を与えてしまいます。
特に結論の部分はしっかり言い切ることで、切れ味よくしっかりとした印象の文章になります。

類義語や同じ表現の単語を使い文字数を減らす

タイトルやコピーなどに多いのですが、1文字2文字レベルの調整を強いられることがあります。
そんな時は文字数の少ない類義語や、同じ表現の接続詞を使い文字数を減らします。

  • 「~には」「では」→「は」に置き換える ※文脈によっては変えられない場所もあるので注意
  • 「忙しい」→多忙/「既にある」→既存

四字熟語や慣用句を上手に使う

四字熟語や慣用句は文章を短くするだけでなく、表現にメリハリがつくスパイスとなります。
スパイスなのであまり多用できませんが、ここぞという時にバシッと決まると読み手も気持ち良いです。

勢いを保ったまま内容を要約する

いくら文章を短くしても、結論までへの道筋がダラダラと遠回りではいけません。
このために文章を読み返し、自分の本当に書きたかった事がきちんと読み手に伝わるかどうか確認しなくてはいけません。
校正の大切な作業の一つです。

ところで校正をしていくと、最初に書いた文章の勢いが無くなってしまうという経験はありませんか。
多くの人が一番最初に書く文章は、頭の中で漠然とストーリー描きながら書いています。
そのため余計な部分を取り除くと、寄り道した筋だけが残ってしまい、勢いのないぼやっとした文章の残骸だけが残るのです。
文章を書き慣れると自分の伝えたい事を頭の中で事前にまとめられるのですが、慣れないうちはどうしても文章が紆余曲折してしまいます。

これを回避する方法が二つあります。

一つは書く内容の目次を作ること。
説明文などの固いテキストの場合はこの目次は非常に有用です。
目的から原因、解決方法そして結論まで、目次を作ってまとめることで文章の方向性が定まり、芯のブレにくい文章になります。

次にちょっと乱暴な「勢いを保ったまま文章をスッキリとする方法」をお教えします。
まず初めに何も考えずに文章を書いていきます。
この時に利用するのはテキストエディタの様なものでよいです。
文章は長ければ長いほど、情報量が多ければ多いほど良いです。
全部書き終えたら頭から最後まで読み、文章を保存せずに削除します
そのまま小一時間ほど別のことを行った後に、改めて先ほどの文章を思い出しながら文章を書きます。
最初から書きたい内容の全体像が見えている事で、自分でも驚くほどスッキリとしていて、しかもノリや勢いがある文章が自然に書けます。
ぜひ一度締切が近くない文章の時にお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です